HOME>オススメ情報>そうなってしまった背景をきちんと確認しよう
自動車

安心・安全に入手しお得に使いこなそう

皆様は、中古車種別の中に金融車というものがある事をご存知でしょうか。金融車は簡単に言えば、借金の担保にされ返済が無いため回収された車の事を言います。同じタイプの中古車でも、一般のものと比べて大幅に安く手に入れられる可能性もある金融車ですが、選ぶ際にチェックして欲しいポイントがあります。それは、その金融車がそうなってしまった背景をきちんと販売業者に確認するという事です。大きく分けて、元の所有者が自分の車がこうなっていると認知している場合と、そうではない場合があります。前者の場合はトラブルになる事が比較的少ないですが、後者の場合にはトラブルに発展する危険性が高まります。現実的に、元の所有者に連絡する前に車が売れてしまい、それを知らずに購入した人とのトラブルになってしまうというケースも少なくありません。安いからと言って飛びつかず、きちんと背景を確認してから検討しましょう。

普通の売買と違う点はあるか

この金融車の取引には、通常の中古車を購入する際と大きく違う点があります。それは、所有権が移転しない限り、自動車の登録や取得税等の費用がかからず、手続きが必要ないという点です。あくまで金融車の購入の際に、買主に移転するのは車の使用権だけであるという事が、こうした手続きの省略につながります。ちなみに、所有権の移転も伴う場合には、通常の中古車売買の流れと同様です。その他、一般の取引と同様に、任意保険の加入や自社ローンサービスを提供している販売業者もあります。その他にも、ナンバープレートの変更等にも対応してくれる所もあり、通常の中古車購入の際とほぼ変わらぬサービスを受けられる業者も見られるようになりました。近頃は、金融車を購入したいが、色々不安があるという人向けに法的な事から、実際の使用に際しての事まで丁寧に説明してくれる所も多いようです。

広告募集中